教員採用試験とは

 

教員採用試験をご存知ですか?文字通り、教員になるための登竜門で、いわば一般企業の入社試験のようなものです。教員採用試験を受けるためには、大学でしっかり教育を受けて教員免許を取得することが前提となります。教員には2パターンあり、公立学校と私立学校に分けられますが、試験内容は全く異なります。まず、公立学校の教員採用試験は、都道府県や政令指定都市の教育委員会が設置・運営している学校の教員を採用する際、採用候補名簿を作成するための試験となります。つまり、教員採用試験に合格した場合でも、すぐに学校の先生になれるというのではなく、採用候補者として選ばれなくてはならないのです。あくまでもこの試験は学力試験ではなく、人物を選ぶ選考試験というところに重点を置いています。もちろんある程度の高い学力は必要とされますが、人物試験がかなり重要視されているようです。実際に、試験は2段階形式で、1次は学力と人物試験、2次が人物試験・・・といったように、人物に対する選考はかなり比重が高くなっています。そして晴れて教員採用試験に合格すれば、採用候補名簿に名前が記載され、正規教諭(教育公務員)として働くチャンスを勝ち取ることになります。ちなみに、公立学校では正規教諭がいわば正社員、そのほかに年ごとに雇用契約を結ぶ臨時教諭や、常勤講師があります。正規教諭以外は、教員免許は取得しているものの教員採用試験には合格せず、教育委員会事務局に登録して臨時で採用されている人たちです。一方私立学校の教員採用試験は、学校独自の選考を行う方法と、公立の教員採用試験同様、自治体が定めた私学協会への採用希望名簿に登録されるための私学適性検査というものを通過する、この2パターンの方法があります。